suzuki-seikei

TEL:075-591-4733

腰痛の一般的な3つの疾患

●腰椎椎間板ヘルニア(ようつい ついかんばん へるにあ)

背骨には、骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板(ついかんばん)という軟骨があります。この椎間板の一部が外に飛び出して、周囲の神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こす病気が、椎間板ヘルニアです。この症状が腰椎(ようつい:腰の骨)で起こると「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれ、多くの方々の腰痛の原因になっています。
椎間板ヘルニアは、ヘルニアの程度によって様々な症状があります。腰や足が痛くても、楽な姿勢で横になって休んでいれば1〜2週間で痛みが軽くなることもあります。しかし、重症になると排尿障害、長期化すると大腿や下腿の筋萎縮(足の筋肉が痩せてしまう病気)を引き起こすことがあります。腰痛はいろいろな病気で起こるので、腰痛だけでは腰椎椎間板ヘルニアとはいえません。ただし、足に痺れがあるときは要注意です。飛び出した椎間板は、多くの場合、片側の神経を圧迫する程度の大きさですので、しびれは片足に起こります。腰が痛くなり、片足だけにしびれを感じたら、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。そういうときは、迷わず専門医に診せてください。

●骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症は、骨の密度が低下し、骨の量が少なくなる病気です。骨粗鬆症によって骨がもろくなると、つまずいて手や肘をついた、しりもちをついた、くしゃみをした…などのわずかな衝撃でも骨折してしまうことが少なくありません。
骨粗鬆症は、閉経期以降の女性に多く見られる病気ですが、若い人でも栄養不足や運動不足、ステロイド剤などの影響で発症することがあります。私たちが生きている間、骨は形成と破壊を繰り返しています。このバランスが崩れることによって、骨粗鬆症は起こるのです。
症状が進み、骨の密度が低下すると、いつの間にか骨が潰れていたり、身長が縮んでいたり、猫背になったり、腰痛や骨折などの症状を引き起こし、生活に支障をきたします。

また、こうしたけがで入院をしたり、寝たきりになるなど、生活リズムが崩れてしまうと、高齢の方は一気に認知症・痴呆が進んでしまいます。

●坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

坐骨神経(ざこつしんけい)は、腰から足の先までつながっている、人体のなかでも最も太くて長い、何本もの神経が集まった、神経の束のようなものです。この坐骨神経が圧迫されると、その周辺にある知覚領域(痛みを感じるエリア)が刺激され、腰や足などに電気が走ったような痛みや、ピリピリしたしびれ、麻痺などを引き起こします。
坐骨神経痛は、軽度のうちなら、日常の姿勢や動作を見直して、ストレッチなどを習慣化することで、自分でも予防したり、改善したりすることができます。ただし、強い痛みやしびれを感じたり、腰が曲がらない
歩くのがつらい…といった症状があった場合は、重症になっている可能性が高いです。必ず受診して医師の指導を受けてください。

「膝痛の一般的な3つの疾患」はこちらから。

News

2020年4月より

2020年4月より

水曜日の午前も診察いたします。
宜しくお願い致します。

事務スタッフ募集

事務スタッフ募集

事務スタッフを募集しています。
17:30~21:00頃まで働ける方。詳細はお問い合わせください。
TEL:075-591-4733

日曜日にあいている病院

日曜日にあいている病院

病院検索サイト【病院なび】は、日曜日に受診できる病院を探せる便利なサイトです。
京都山科の鈴木整形外科医院は、日曜・祝日は休診ですが、平日夜間は20時まで、土曜日も午前中は診療しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

平日夜間診療は20時まで

平日夜間診療は20時まで

当院では、平日夜間20:00まで診察を受け付けています(月・火・水・金)(初めての方は、19:30までにお越しください。)
お仕事帰りでも受診可能です。

詳しくはこちらから

JR山科駅から大通りを直進して、三条通で左折すると、すぐに「鈴木整形外科医院」の看板が見えます。

山科駅前にはスターバックスもあり、かなり賑わっています。
山科ラクトショッピングセンター内には、関西最大級の無印良品もあり、食料品のお買い物もできます。

三条通り沿いの歩道は人通りも多いので、お年寄りや女性の方でも
安心して徒歩で来院していただけます。

住所

〒607-8080

京都市山科区竹鼻竹ノ街道町8-1
TEL:075-591-4733

スタッフ募集中

受付時間

TEL:075-591-4733
受付:09:00〜11:30
         17:30~20:00
定休日:日・祝日